カードローンの限度額について|お金を借りるLet'stry

MENU

カードローンの限度額が大きいと、いざという時に便利

カードローンの限度額が大きいと、いざという時にまとまったお金をすぐに用意できるので、とても便利です。
その時になって急いでカードローンの申し込みをしたとしても、審査に通るかわかりませんし、通っても審査は時間がかかりますし、何かと不安定です。
どんな時にいくら必要になっても、すぐに手配できるという状態にあることは、大きな安心につながります。

 

具体的に、どんな時に大きい限度額は役に立つか

たとえば災害時です。災害で家が壊れてしまった時など、確かに災害保険である程度の保証は降りるかもしれません。
しかし、そのお金がいつ振り込まれるかは会社によって全然違いますし、「今すぐに必要なお金」をその時彼ら保険会社からもらうのは、結構厳しいといえます。
その点、カードローンの限度額に大きな余裕があれば、とりあえず保険会社からの振込を待つ間だけでも、ピンチをしのぐことができるのです。

 

友達の結婚式などの冠婚葬祭にも安心

冠婚葬祭というのは何かとお金がかかるものです。友達の結婚式の場合、それが遠方だったら交通費だけで数万円しますし、お祝儀やドレスのお金なども入れたら、10万円に達することもよくあるでしょう(特に女性の方がお金がかかるかと思います)。
カードローンの限度額に余裕があれば、こういう冠婚葬祭が連続で短期間にどれだけ起きても安心です。そういう安心感も得られるというのが、カードローンの強みです。

 

カードローンの限度額を増やす方法

これはもう、地道に返済の実績を重ねるだけです。年収が増えたり他社からの借入総額が減ったりすればプラスになりますが、それよりもやはり返済を地道にすることです。
そもそも年収がそんなに一気に増えることは、実業家や投資家でもない限りないはずですし、やはり返済の実績を重ねて信用してもらうというのが一番の方法です。

 

カードローンの限度額は、最大でいくらくらいが相場か

アコムやプロミスなどの大手の平均は500万円ですが、モビットに関しては限度額800万円となっています。。ジャパンネット銀行など1000万円単位のところもありますが、そこまではほとんどの人は必要ないでしょうし、例外的なものなので、相場とはいえません。
だいたいこれらがカードローンの限度額の最大金額の相場、と考えていいでしょう。
その枠まで借りる人はめったにいないでしょうし、そもそもその枠を与えてもらえる人も少ないとは思いますが、参考にしていただけたらと思います

お金を借りるレッツトライ