カードローンとクレジットカードは何が違うのか|お金を借りるLet'stry

MENU

カードローンとクレジットカードは何が違うの?

カードローンとクレジットカードの違いは、主に「買い物に使えるかどうか」です。
簡単にいうと、カードローンは使えず、クレジットカードは使えます。
ただ、最近はカードローンとクレジットカードの呼び方の違いが曖昧になっているので「カードローンでも買い物に使える」と言われている(&実際に使える)というものもあります。
ただ、一般的には「クレジットカードは買い物にも使える、カードローンは買い物には使えない」というのが普通です。

 

カードローンは現金を借りるためのもの

カードローンは基本的に「現金を借りる」目的のものです。たとえばオリコのカードであれば、それを三菱東京UFJ銀行などのATMに入れて「2万円引き出し」という風に引き出すと、そこから2万円出てきます。UFJでなくても、他の銀行のATMやコンビニのATMでも同じようにできます。この2万円はオリコからの借金(キャッシング)なので、もちろん返済の義務があります(自分の貯金から引き出すのとは違います)

 

クレジットカードは本来、買い物のためのもの

逆にクレジットカードは、買い物の時にレジで見せて「これで払います」とやるのが本来の使い方です。
クレジットカードも上に書いたようにATMに挿入して「○○万円引き出し」とやることができますが、これは追加された機能であり、本来は買い物ためのカードです。

 

収入が低い人の場合、クレジットカードでキャッシングはできない

買い物が本来の目的である証拠の一つとして、収入が低い人、あるいは信用が少ない人だと、クレジットカードでのキャッシングはできません。つまり買い物しかできないということです。
買い物だったら、その人が借金によって手にするものは「現金」ではなく「商品」だけになるので、たとえば「現金を全部ギャンブルでなくしてしまう」などのリスクがないのです。

 

どちらにしても、カードの枚数は少ない方がいい

クレジットカードにしてもカードローンにしても、持つカードの合計は、本来少ない方がいいです。
沢山持っていると財布がゴチャゴチャして思考もゴチャゴチャしてきますし、実際免許証など大事なものもなくなりやすいです。
また、お金を借りられるルートがたくさんあると、人間はついつい使ってしまうものです。
そのルートはいわばお金の流出源なので、それを減らす、断つためにも、できるだけ持つカードローン、クレジットカードは少なめにした方がいいでしょう。

お金を借りるレッツトライ