返済に慣れるためのコツ|お金を借りるLet'stry

MENU

返済に慣れるため、まずは少額の借り入れから始めるのがベスト

人間は、何でも習慣になると簡単にできるものです。借金の返済というと、何か大変で苦しいイメージがあるかも知れませんが、「必要な金額だけ借りてすぐに返す」という風にしていると、とても楽です。
たとえていうなら、皿洗いに似ています。食器がたまりまくってゴチャゴチャのシンクでは皿洗いは大変ですが、常にお皿のないシンクだと、使ったお皿だけちゃちゃっと洗って、すぐに終わります。
カードローンの借り入れと返済もそれと同じなのです。

 

少額借りてすぐに返す人は、カードローン会社からも信用される

基本的に、少額借りてすぐに完済する人というのは、真面目な人です。
カードローンの利用に限らず、人生全般で計画的に生きていて、体も健康なことが多いです。
こういう人はカードローン会社からも信用されますし、私たちの普段の生活でも、こういう人は信用すると思います。
なので、そういう行動、実績を積み重ねているとカードローン会社からも信頼されます。

 

キャッシングの総額が大きくなると、人間は仕事に集中しづらくなる

キャッシング…要するに借金の総額が大きくなると、人間はこころが落ち着かなくなって、仕事にも集中できなくなるものです。
「尻に火がつくことで、逆に火事場のバカ力を発揮できる」と言う人もいるので、一概には言えませんが…。
それでも、人間は基本的に「ストレス状況だと、本来の力を出せない」生き物であり「ストレスの種がない時、一番いい力を出せる」ものなのです(適度なストレスはあった方がいいですが)。

 

多重債務者の借金が増えるのは、冷静な判断ができなくなっているから

上に書いたように、ストレスは人間の判断力を低下させます。多重債務者の方々がどんどん借金を増やしてしまうのは、利息が利息を呼んでいるという金融工学的な理由もあるのですが、心理的な理由も大きいのです。
ストレスによって判断力が下がり、そのせいでさらに借金をしてしまい、さらにストレスがたまり…という典型的な悪循環に陥ってしまっているのです。

 

問題は常に小さいうちに解決する習慣をつける

上で書いたことは、キャッシングの返済だけでなく、人間の仕事・生活のありとあらゆる場面で言えることです。
要は「問題は小さいうちに潰しておこう」ということです。
この習慣がついた人は、どんな問題でも放置して悪化させるということがなくなりますから、人生そのものが充実するでしょう。

お金を借りるレッツトライ