毎月のカードローンの返済をよりしやすくする方法|お金を借りるLet'stry

MENU

毎月のカードローンの返済をよりしやすくする方法

毎月のカードローンの返済をさらに簡単にする方法は、「お金が入ったらすぐに返済する」ということです。
「ある程度貯めてから一気に返済」と考えていると、どこかで使ってしまったり、最悪の場合、お金を紛失してしまったりして、結局返せなくなってしまいます。
人間は、手元にお金があるだけ使ってしまう生き物です。そのようにしてお金がなくなるのを防ぐためにも、まず手元にお金が入ったらすぐ返済する、という習慣をつけましょう。

 

専用のATMを使えば、手数料もかからない

大抵のカードローンは専用のATMを持っています。そういう専用のATMであれば、借り入れでも返済でも手数料は完全無料でいけます。お金を扱う場所なので、安全の問題条深夜は閉まっていますが、それでも朝7時くらいから、夜は11時くらいまで空いています。このあたりは地域やATMによって違います。中には24時間使用可能というATMもあります。いずれにしても、こういうATMなら、手数料もかからないので、こまめに返しても手数料の負担はありません。

 

小まめに返済するのが効果的な、心理学的な理由

多くの心理学の実験で、「フィードバックが小まめにあると、人間のモチベーションは上がる」ということがわかっています。わかりやすく言うと、テストを受けたら、すぐにその結果を知りたい、ということです。それが良くても悪くても、とりあえずすぐに結果がわかるというだけで、人間のモチベーションは上がるのです。カードローンの返済も同じです。

 

小まめに金額が減るのを確認すると、返済が楽しくなる

これは筆者の経験から言えることですが、小まめにカードローンの残高が減っていくのを確認すると、何だか返済が楽しくなります。最初から借りなければよかったというのはもちろんそうなのですが、それでも「これはこれで楽しいな」と思えるようになるのです。特に完済した日の気分は、本当にいいものでした。こういう習慣が身につくと、返済は一気に楽になるので、そのためにも「お金が入り次第、すぐに返す」ということを意識していただきたいです。

 

カードローンの限度額の枠が空いていると、何かと便利

こうしてすぐに完済すると、カードローン会社も限度額を大きくしてくれますし、借りている残高がない以上、新しく借りられる金額も当然大きくなります。このように「大きな枠」が空いていると、いざまとまった出費が必要な時にも、必ず役立ちます。そのような大きな限度額を得るためにも、借りたお金はできるだけはやく完済しましょう。

お金を借りるレッツトライ