おまとめローンと乗り換えローンの違い|お金を借りるLet'stry

MENU

おまとめローンと乗り換えローンの違い

キャッシングやカードローンを利用する上で、おまとめローンと乗り換えローンの違いはぜひ知っておきたいです。
おまとめローンについては複数の会社から借りていない限り必要ないですが、乗り換えローンについては、1社しか使っていない場合でも必要になることがあります。ここでは両者のカードローンの違いを説明します。

 

おまとめローンとは?

おまとめローンは名前の通り、「たくさんの会社のカードローンを、一箇所にまとめる」というものです。つまり、5ヶ所の会社で10万円ずつ借りていたら、一つの会社にそれをまとめて、そこだけで50万、という風にするわけです。
これによって利息も安くなりますし、返済まであといくら溜まっているのか、ということもわかりやすくなります。これによって返済のモチベーションが上がるでしょう。

 

乗り換えローンとは?

乗り換えローンというのは、文字通り「乗り換えるだけ」です。つまり、一つの会社、たとえばA社で借りているお金を、B社に切り替えるという風です。これをやる理由はもちろん、B社の方が金利が安い、あるいは返済がしやすいなどの条件がいいからです。
最近の大手はどこも同レベルで条件がいいので、中堅から大手に乗り換えるというようなケースでなければ、乗り換えローンのメリットはさほどないのですが、そのように条件の違いがある場合は、ぜひやるといいでしょう。

 

カードローン初心者の方には、乗り換えローンが重要

カードローンやキャッシングを初めて使って、3万円や10万円のような少額を借りる方の場合、おまとめローンを使うということはまずないでしょう。
こうした方が使う機会があるとすれば、乗り換えローンです。これは1社からでも使う理由があるからです。もっとも、3万円や5万円のような少額の借り入れの場合、金利の違いはそれほど大きくありません。
乗り換えローンを利用する間に副業でもして、素早く完済してしまった方がいいでしょう。

 

小さい金額のうちに、とにかく完済すること

借入総額が小さいと、おまとめローンや乗り換えローンのメリットもかすむ(というより、おまとめローンに至っては必要ない)くらい、返済がしやすいのです。
なので、小さく借りたら小さく返す(小さいうちに返す)という鉄則を、ぜひ理解していただきたいと思います。
そうして素早く完済すれば、カードローン会社から信頼されて限度額も大きくなり、いざ大金が必要になった時にも、スムーズに借りることができます。

 

 

お金を借りるレッツトライ