キャッシングで審査に落ちる原因とは?| お金を借りるLet'stry

MENU

キャッシングで審査に落ちる原因とは?

キャッシングで審査に落ちる原因はいろいろありますが、特に多いものは、誰もがすぐに想像できる理由です。
「年収が少ない」「安定した職業についていない」「他社からの借入総額が多い」「勤続年数が短い」「電話番号がない」などです。
逆にいえば、こういう「すぐに想像できる原因」が特にない方、いわゆる「普通の方」であれば、キャッシングやカードローンの審査で落ちるということは、まずありません(希望する金額にもよりますが)。

 

希望金額が大きすぎた場合も、少額なら貸してくれる

上に書いたような、年収や職業などの条件がすべて揃っていても、審査に落ちることはあります。
その原因で考えられるのは「希望金額が大きすぎた」というもの。たとえば年収400万の方が、50万円の限度額を希望するなら大抵通るでしょうが、300万円となるとまず無理です。
こういう場合、確かに落ちることもあります。しかし、その場合も「ご希望の300万円は無理ですが、50万円なら融資可能です」という風に、金額を下げて融資してくれるケースは多いです。

 

金額が小さくなるのは、カードローン会社の配慮と思うべき

このように借りられる金額が希望より小さいと、多くの人は信頼されていないような気分になって、怒るものです。あるいは、今すぐに切羽詰まってお金が必要な方の場合、「それでは死んでしまう」と思うこともあるかも知れません。しかし、このように少額しか貸してくれないのは、カードローン会社側の配慮と思うべきです。

 

実際、それだけしか返済能力がないのだから、仕方ない

そもそも、カードローン会社はできるだけ貸したいのです。その方が利益になるからです。その彼らが貸さないということは、「あなたには、今これだけの返済能力しかない」ということを、冷静に判断されたということです。お金のプロの彼らが判断したのだから、実際に今の自分の返済能力はそれだけということ。ということは、それを超えた金額を借りるのは危険なのだから、借りられないのは仕方ないし、それでいいのです。

 

本当に必要な金額だけを、少額で借りること

冒頭にも書いた通り、普通に生活している人が普通の金額を希望する限り、落ちることはまずありません。これは審査に落ちないために大事というよりも、そもそも「必要な分しか借りない」というのは当然のことなのです。
その当然のことをしている限り、カードローンの審査に落ちることはないし、他の金銭トラブルが起きることもないでしょう。

お金を借りるレッツトライ