最初は少額で始めて、実績をつけて増額を目指す|お金を借りるLet'stry

MENU

最初は少額で始めて、実績をつけて増額を目指す

キャッシングを利用する時は、まずは少額ではじめて、返済の実績をつけて、限度額の増額をしてもらう、というのがいいです。
この方が確実に限度額を増やしてもらえるというのもありますが、何より自分にとっていいことです。
小さく借りてすぐに全部返すという習慣をつけておくと、いわゆる借金グセがつかないからです。

 

問題を大きくしないという習慣自体が大事

これはキャッシングやマネーに関することだけでなく、そもそも「問題を大きくしない」という習慣をつけることが大事なのです。これは他の分野でも、というより人生全般で生きてくることです。
ダイエットでも何でも同じなのですが、そもそも最初から太らなければ、安定して毎日少しずつ運動していれば、「マイナス何キロ」なんていう努力がいらないわけです。
マイナス5kgしようにも、その5kgの贅肉が、最初から発生していないわけです。というように「最初から問題自体を抱えない」というのが一番なんですね。

 

カードローン会社の公式サイトに書かれている限度額はあくまで最大値

たとえばモビットなどの公式サイトには「限度額800万円」という数字が書かれています。
しかし、これはあくまで最大値です。それにふさわしい返済能力を持っている人のための限度額であり、すべての人が限度額800万まで借りられるというわけではありません。
年収300万の人がこの金額を借りてしまったら、間違いなく多重債務に向かって一直線です。
そのようなことは、金融業者としても、一人の人間としても、当然やってはいけないことです。

 

カードローン会社に与えられた限度額は、素直に受け止めるべき

何か事情があって沢山借りたいと思っている方でも、カード会社から与えられた限度額が、希望より小さいということはあるでしょう。
しかし、その金額は素直に受け止めるべきです。このサイトでは繰り返し書いていることですが、彼らはできるだけたくさん貸すのが仕事です。
その彼らが貸さないということは「あなたはその金額しか返せない」という、冷静なデータなのです。それは素直に受け止めるべきでしょう。

 

返済の実績をコツコツ重ねていると、ある日ブラックカードなどの招待も来る

これは金額が大きい人の話ですが、返済を確実にコツコツ続けていると、ブラックカードなどの招待が届くこともあります。
別にそれを目指す必要はないのですが、返済実績を地道につけるということは、それだけ大事ということです。ぜひ参考にしてみてください。

お金を借りるレッツトライ